海外での脱毛事情ってどうなっているんでしょう

Just another WordPress site

行こう、海外と比べて優れてる日本の脱毛エステサロンへ

脱毛するのが当たり前の日本では、脱毛の方法が海外よりも非常に発達しています。
そのため、脱毛専門のサロンも数多くあるのです。
脱毛専門の「銀座カラー」は、銀座の本店をはじめとして、全国に20以上の店舗があります。
ほかのサロンとは違う銀座カラー独自の脱毛方法で、赤ちゃんのような肌になる「赤ちゃん肌脱毛」を実現します。
脱毛サロン「エピレ」は、全国に30近い店舗がある、エステティックサロンのTBCがプロデュースした脱毛専門のサロンです。
エピレだけのオリジナル脱毛マシンを使っています。
「脱毛ラボ」は、全身脱毛が売りの、メディカルエステです。
全身通い放題プランのある全身脱毛は、脱毛ラボだけの月額制で、月額約1万円です。
1年で最大6回の全身脱毛ができます。
「ジェイエステティック」は、10年以上の期間をかけて開発した4倍速脱毛マシンを使用しています。
施術があっという間なのに加えて、ジェイエステティックの脱毛は肌に潤いを与えながら行われるので、肌へのダメージがとても少ないのです。
海外よりも脱毛の技術が発達している日本にいるのですから、脱毛しない手はありません。
日本に住んでいるというだけで、脱毛に関しては欧米のセレブたちのような恵まれた環境にあるのです。

海外と違う、日本での脱毛事情

アメリカではアンダーヘアまでお手入れするのが普通、フランスではムダ毛の処理方法は個人の美意識次第です。
それでは、日本ではどうするのが一般的と考えられているなのでしょうか。
日本では、何事も人と一緒なのがいいという考え方があります。
人と違うことをするのは恥ずかしい、目立つのを嫌うのが日本人と言えるでしょう。
これはムダ毛の処理に関しても同じです。
自分のまわりの人が処理しているから処理する、処理するのが常識だから自分もそうする、と考えられているようです。
腕や足だけでなく、顔の産毛や眉に関してもそうです。
鼻の下などの産毛は、小学生でも処理するのが常識となっているようです。
中学生や高校生になれば、腕や足のお手入れをするのが当たり前になってきます。
そのため、日本ではムダ毛の処理方法が他の国と比べてとても発達しています。
アメリカではワックスをぬってはがすという方法が一般的で、レーザー脱毛は外国でするととても高いですが、日本では比較的安く行なうことができます。
日本では、カミソリなども「足専用カミソリ」などがありますし、他にも家庭用のレーザー脱毛器などがあり、脱毛方法が非常に豊富にあるといえます。
日本は、まわりと同じように脱毛するのが当たり前、という考えによって生まれた脱毛の文化の国なのですね。

海外での脱毛事情

日本ではレーザーによる脱毛が一般的です。
しかし海外では、ブラジリアンワックスを用いた方法が一般的です。
このブラジリアンワックスがどういうものかというと、脱毛したい部分にワックスをぬって、乾いたらはがすというものです。
レーザーなどの脱毛と違ってまたすぐに生えてきますが、海外ではあまり気にしないようです。
なぜなら、白人の場合はメラニンの量が少なく、毛の色が薄いうえに細いので、むだ毛が生えてきてもあまり目立たないのです。
日本人は世界では「黄色人種」と言われ、白人よりもメラニンの量が多いので毛の色が濃いのですね。
メラニンが薄いのためレーザー脱毛がしにくいというのも、ブラジリアンワックスが一般的になっている理由かもしれません。
毛の色が薄いので、レーザーの出力を強くしないと毛に反応しないのです。
その分肌に負担もかかるので、やはりあまりレーザーは普及しなかったのでしょう。
そのためかどうかわかりませんが、海外ではアンダーヘアのお手入れはしても、日本人ほど腕や足のお手入れはしないという人が多くいます。
日本では脱毛といえば、わきや腕、足の脱毛が一般的ですが、海外で一般的な脱毛はアンダーへアのお手入れのことなのだそうです。

フランスでの脱毛事情

わたしたちは、足や腕、ワキなどを脱毛するのが一般的だと思っていますよね。
アメリカなどでも脱毛に関するそうした考え方は同じです。
しかし、日本、欧米などすべてでそうかというと、そうではありません。
フランスではあまり脱毛するのは一般的ではないのです。
フランスでは、ノースリーブを着ていてもワキ毛はそのままなんていうこともよくあります。
一方、しっかりむだ毛の手入れをしている人もみかけると言います。
日本では、袖の下からワキ毛がみえるなどということはほとんどありませんよね。
温泉など服を脱ぐ場所でも、若い人でワキ毛がそのままの人はあまり見ません。
フランスでは、脱毛するのかしないのかはひとりひとりの自由だという考え方があるそうです。
日本のようにみんなが脱毛しているからしなければいけない、しないと恥ずかしいという考え方は、フランスにはないのだそうです。
さらにフランスでは、美意識として、顔のうぶ毛を剃らない、眉を剃りすぎないというのがあるそうです。
毛は豊かなほうがいいという考え方なのですね。
美しく着飾っていたり清潔感のあふれる人がむだ毛を処理していないなどということは、普通のこととして考えられているのです。

アメリカでの脱毛事情

海外ではアンダーヘアのお手入れは当たり前です。
しかも、日本でいうところのVラインだけでなく、アメリカのセレブの間ではIラインの脱毛も普通なのです。
Iラインというとあまりなじみがないかもしれませんが、女性器のまわりのことです。
アメリカのセレブはセクシーな下着を好むため、マナーとして必要なのかもしれません。
普通はワックスでとても安価に処理するのがほとんどです。
しかし、アメリカのセレブの間ではアンダーヘアを永久脱毛してしまう人も多いようです。
セレブではなく一般の人の場合は、ブラジリアンワックスによる除毛が一般的です。
このブラジリアンという名前ですが、ブラジルのリオのカーニバルなどのときに小さい下着をつける女性たちがアンダーヘアをすべて処理したことが由来といわれています。
セレブたちのようにすべて処理してしまわず、ヘアをすきな形に残したりするなどということも行われているようです。
たとえば、指1本分残したり、ハートの形に残したりするということもできます。
日本人はあまりアンダーヘアのお手入れをしている人が多くないようで、アメリカの女性が日本に来て温泉やジムの更衣室などで驚いたという話もあります。
日本でもお手入れをするのが一般的になる日がくるかもしれませんね。